文化・芸術

2005.02.17

三国一夜譚

今日は母と2人で二月花形歌舞伎『三国一夜譚』に行ってきました。
まず、三越で昼食用に地雷也の天むすとデザートにフルーツ なかむらでフルーツキューブを買って博多座に行きました。

あらすじ『富士太郎(染五郎)とその父右門は、住吉の優れた楽人(音楽家)だったが、浅間親子に陥れられ都を追放される。駿河の国で落ちぶれた日々を送っているところに、将軍義満が訪れる。太郎は浅間左衛門(愛之助)と楽論を戦わせ、舞いを披露し、楽人の籍に戻ることを許される。これを恨みに思った浅間は、富士親子を襲い、右門を殺害。太郎夫妻は、浅間を追って長門の国で暮らすが、妻の桜子(亀治郎)は廓に身を売らねばならなくなり、息子の叡太郎の姿まで見えなくなってしまう。浅間を討つことや雅楽の道を断念しようとする夫妻が、秘伝の楽書を燃やすと、一筋の煙が立ち上り…。』

歌舞伎自体は話の展開がちょっと意味不明だしちょっとダラダラしたカンジですごく退屈でした。
母と2人で途中何回も寝てたし・・・(苦笑)
染五郎さんと亀次郎さんの早替りのとこは面白かったけど・・・
早替りと言っても偽者の人もいて、主人公2人は染五郎さん(男)、亀次郎さん(女)なんだけど竜宮城に行った時は男女が逆転してて自分たちが今演じている役の声は正面向いて話してて偽者が代わりに出ている声は後ろ向きで話しててそこの切り返しのとこが面白かった(表現が下手で分りづらいかもだけど・・・(汗))
あと、染五郎さんと亀次郎さんが亀に乗って飛んできた時は、近くで見れてうれしかった!!
結果的に面白くなかった・・・前回の右近さん達の方が断然面白かった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)